今からでも遅くない!ビジネスチャンスがある新しいドローン市場

ドローンの時代がやってきます。そのため、ドローンはビジネスチャンスがあります。
ドローン市場の現状、今後伸びしろのあるドローン市場、ビジネスに必要なことが学べるドローンスクールジャパンについて紹介します。


どうなる?今後のドローンビジネス市場


ドローンは空撮だけでなく、ドローンを使った様々なビジネスに注目が集まっています。今後のドローンビジネス市場はどうなっていくのでしょうか。

ドローンビジネス市場は今後さらに拡大していくと考えられています。
2015年の業務用のドローン市場は約30億円となっていますが、5年後の2020年には約200億円、2025年には400億円を超え、さらに2030年には1000億円を超えるものと予想されています。

ドローンが利用できる分野は幅広いです。例えば、
・農林水産業
・巡視や点検
・警備や監視
・捜索や救助
・災害対策
・危険区域での作業
・計測や観測
・輸送や物流
・撮影
など様々な分野で利用できるので、注目を集めています。

2020年ごろには法整備される予定があるほか、今後はドローンの性能が向上し、操作もしやすくなると考えられます。その結果、より多くの方が事業でドローンを利用できるようになるでしょう。
また、ドローンの普及が進み、保険サービスも充実することで、ドローン使用のリスクも軽減されます。

今後ドローンビジネス市場は、ますます拡大していきます。
そのためドローンが操作できるということは、ビジネスチャンスに繋がるといえます。

では具体的にはどんなドローンビジネスが展開されていくのでしょうか。




業界注目!ドローンビジネスの新市場

 

ドローンビジネスの新市場で、注目を集めている分野に下記のようなものがあります。

1.農業
ドローンは農業でも利用が可能です。農業の高齢化や人手不足をカバーするために、ドローンでのサービスに注目が集まっています。

ドローンを利用することで、農薬の散布、土や畑の分析、種まき、作物のモニタリングなどの作業を効率化できます。
ドローンは産業用ヘリに比べると小回りが利き、価格が安いのもメリットです。

2.災害対策
ドローンは災害対策の分野でも活躍が期待されています。被害に遭った建物やインフラの調査、孤立地域への飲料水や医薬品といった物資の配送、人命救助など、幅広く利用可能です。
空中を自在に行き来するドローンだからこそ、人や車などが入りづらい災害現場でもスムーズに作業が行えます。

3.人の捜索
ドローンは遭難者の捜索にも利用できます。昼夜を問わず利用できるドローンは、人を探す際にも強みを発揮します。
赤外線カメラが使えるので、遭難者の生死の推測も可能です。

また、ドローンならば行方不明の老人の捜索にも利用できます。

業界が注目するドローンビジネスの新市場は様々あります。
ドローンに関する技術や知識があれば、上記のような分野のビジネスに活かせるかもしれません。


必要なスキルが身に付くドローンの学校


ドローンは様々な市場での活用が期待され、ビジネスチャンスがあります。
そのビジネスチャンスをものにするためには、操作技術や知識を身に付けなければなりません。
ドローンに必要な技術や知識が身に付くのが、ドローンスクールジャパンです。

ドローンスクールジャパンは、それぞれの目的に応じた技術と知識を習得できるスクールです。
ドローン事業に参入するため必要なことを、様々なカリキュラムから習得できます。

ドローンスクールジャパンには、目的に合った豊富なコースがあります。

 


▼ビジネスコース
産業用のドローン操縦士に必要な技能、20種類を習得できます。

ビジネスコースの合格後は様々なコースで経験を積めます。
▼現場体験コース
ドローンでの家屋調査や不動産管理、太陽光発電所や野生生物調査などの現場体験が積めます。

▼スカイボランティアコース
ドローンのレスキュー活用をはじめ、被災地を空撮して確認するなど、災害対策や行方不明者の捜索、復興に役立つ基本技能を身に付けられます。

▼スマート農業コース
ドローンの実技講習をはじめ、農業散布ドローンの実技講習、害獣や害鳥の調査や対策、肥料の効率的な撒き方、土壌の水分量調査など、農業でのドローンの活用法をマスターできます。

ドローンスクールジャパンなら各コースにより、ビジネスで利用できる技術や知識を効率よく学べます。



ドローンビジネス市場は今後も拡大していき、新たな市場も広がります。
ドローンのビジネスチャンスは、市場の拡大とともに増えていきます。チャンスをものにするためには、スキルを身に付けなければなりません。
スキルをスクールで効率よく身に付け、ビジネスチャンスを掴みましょう。

関連記事

  1. なぜドローンと呼ばれるのか?ドローンの意味を説明

  2. ドローンのバッテリーの正しい保管方法と処分方法

  3. ドローン空撮におけるGPSの役割と自律飛行の可能性

  4. 具体的にどう役立つの?農業用ドローンのメリットについて説明!

  5. ドローン飛行に必要な資格とは!?国交省による認定と注目の民間資格

  6. 話題のドローンスクールで学べるカリキュラムとは?

  7. ドローンパイロット育成に求められる能力とは?

  8. ドローンによって地域活性することは可能なのか?

ページトップ