ドローンと無線の関係って?必要な知識、資格について解説!

ドローンには空撮をして映像をデータ化して送信できるものがあります。データを電波にのせて送信する場合は、無線関係の資格や知識が必要になる場合があるのです。どのような場合で資格の有無が求められるのでしょうか。

ドローンの操縦は無線関係の知識が必要

ドローンは飛行操作させるだけではなく、飛行しながら映像や写真を撮影し、そのデータを地上で操作している機器に送るという性能を持つものがあります。

データを離れた場所から送るためには、電波が必要ですよね。ドローンのデータ転送には無線を使用するのですが、無線を使用するに当たっていくつかの規定や条件が国によって定められています。

使用するものによっては、無線関連の資格が必要になるので、ドローンを購入して操作する前に必ず総務省のホームページ上でガイドラインをチェックしましょう。

特に、産業用ドローンのパイロットを目指しているという方は、ドローン操縦に無線関連の国家資格が必要になる場合があるので、無線関係の知識も学んだほうが良いでしょう。

最近注目を集めているドローンレースで使用する、FPVドローンは飛行操作するためにアマチュア無線免許の取得と、無線局開局の申請をする必要があります。どのようなドローンを操作するかで資格や申請の有無は変わるので要注意です。

総務省発表のドローンと無線のガイドライン

ドローンを飛行操作させるうえで、把握しておく必要があるのが航空法のドローンに関する規定と、無線設備に関する規定があります。航空法では、ドローンを飛ばしても良い、または禁止する区域や重量制限などについて定めています。

無線設備に関する規定では、無線関連の免許が必要な条件について解説されています。無線局免許、無線従事者免許が必要かどうかは、主に使用する周波数帯で判断可能です。

撮影、データ転送機能がついていない操縦専用のドローンは、免許不要の周波数を使用するものがほとんどになります。免許が必要なのは、周波数1.2GHz帯、169MHz帯、最大1W出力の2.4GHz帯、5.7GHz帯のドローンです。

これらは、主に画像転送やデータ転送の機能を持っています。電波を利用するためには、無線局の開設をするようにガイドラインでは定められていますが、条件によっては必要としない場合もあります。必ず自身でガイドラインをチェックしてみてください。

ドローン操縦に関する無線の資格

FPV機能のついたドローンを飛行操作するためには、「第4級アマチュア無線技士」という資格が必要です。資格取得のためには、講座を受講して修了試験を受けるか、国家試験を直接受ける2通りの方法があります。

独学で学ぶこともできますが、講習を受けてから試験を受けるほうが合格率は高いようです。試験に合格したら、あとは無線局を開局します。無線局の開局は、書類提出またはオンライン申請のどちらかを選択して手続きを行います。

開局までには2週間以上かかることが多いので、レースに参加するために無線局を開局したい、という方は早めに申請しましょう。

また、業務で空撮ドローンを飛行操作するためには、「第3級陸上特殊無線技士免許」という免許が必要になります。この免許を所持していると、広範囲で飛行撮影できるドローンの操作も可能になります。今後ドローンの操作業務に携わる、就職を考えているという方は所持しておいたほうが良いでしょう。

空撮用ドローンを使用する場合は、使用される無線の周波数を確認し、総務省のガイドラインに沿って条件をチェックしましょう。周波数によって必要になる資格や無線局の開設など条件は異なります。

無線資格は難しいものではありませんが、直接試験を受けるよりも講座を受けて、修了試験に合格するという方法がオススメです。

関連記事

  1. 民生用世界シェアNo.1メーカーDJIの人気ドローン一覧

  2. 今からでも遅くない!ビジネスチャンスがある新しいドローン市場

  3. 話題のドローンスクールで学べるカリキュラムとは?

  4. 熊本地震でドローンが活躍!災害時のドローン活用方法とは?

  5. ドローンとビッグデータにはどんな関係があるの?

  6. ドローンのバッテリーの正しい保管方法と処分方法

  7. ドローン空撮におけるGPSの役割と自律飛行の可能性

  8. ドローンのモードってなに!?モード1とモード2の違いを詳しく解説!

ページトップ