市場の急成長でドローンパイロットの求人も増加!?

ドローンは空撮、測量、農業などさまざまな分野で活躍し、パイロットの求人もだんだん増えています。操縦士になるにはまずドローンスクールで資格を得て、人材派遣などに登録して仕事をしてみることから始めましょう。

ドローンパイロットの需要とは?

職業としてのドローンパイロットが広まりつつある昨今。実際にドローンパイロットの需要はどの程度あるのか、パイロットの種類別に見てみます。

まず「ドローンパイロット」というと、多くの人が思い浮かべるのが「空撮」です。

CM撮影、映画撮影から、投稿用の動画撮影に至るまで、空からの映像をドローンで撮影する仕事は年々増加しています。

また、建築分野では地形の測量などにドローンを使用したり、農業の分野では農薬散布でドローンが活躍する事例もあります。

その他、セキュリティや宅配業界でもドローンを利用する動きがあるため、エンターテイメントだけでなく、より実用的な産業でもドローンの利用が浸透し始めています。

一方で、ドローンパイロットは飛行機のパイロットのような公的な資格が必要ないため、ドローンに対する知識をきちんと学び、航空法や事故への対応、難しい地域での操縦、プライバシーへの対処などを理解しているプロのドローンパイロットはかなり少ないのが現状です。

このような観点から、ドローンを事業に活用したい人たちの間ではプロのドローンパイロットの需要が高まりつつあります。

ドローンパイロットになる方法とは?

ドローンパイロットはフリーで仕事をする人、企業に就職してドローンを操縦する人など様々です。公的な資格や試験がないため「今日からドローンパイロットです」と名乗るだけで誰もがパイロットになれます。

実際に独学でドローンについて学んだり、ドローンの製造会社に勤めていてドローンの知識を持ち操縦ができるという人もいます。

しかし、昨今はドローンでの事故が多く見られることから、法整備が整いドローンを飛ばすには国土交通省の許可が必要になります。

こういったことに対応するには、独学で学ぶには難しい部分も多いです。

一方で、ドローンの機体への知識、リスク管理、仕事での活用術などを学び、さらにインストラクターと一緒にドローンの操縦を学ぶ学校が多数設立されています。ドローンパイロットの需要が高まりつつある中、ドローンを普及させること、正しくドローンを扱える人材を育成することが目的です。

これらのドローンスクールや認定アカデミーでは、決められたカリキュラムをこなすと認定証を得ることができます。

もちろん公的な資格ではありませんが、ドローンを仕事として操縦するために必要なスキルを取得した証明になります。

ドローンパイロットになるには、こういったドローンスクールで資格を得るのもひとつの道となります。

ドローンパートナー

さて、スクールでドローンパイロットの認定証を受けたり、あるいは独学などで確かなドローン技術を身に着けパイロットになる準備が整った次に出てくるのは「どうしたら仕事が得られるのか?」です。

スクールなどを修了しても、すぐどこかに就職ができる人ばかりではありません。

もちろんスクールなどは卒業生を積極的に就職できるようサポートは行いますが、ドローンパイロットとドローンを必要としている企業などがうまくマッチングするシステムが現状では不足しています。

そこで設立されたのが「Drone Patner(ドローンパートナー)」という、ドローンの仕事と人材のマッチングサービスです。

▽ドローンパートナー http://drone-partner.jp/

会員登録をすることで、ドローンパイロットやドローンスクールの講師、育成インストラクター、ドローンに詳しい人材の求人に応募することができます。

パイロットの求人がなかったとしても、ドローンに携わる仕事をすることでパイロットへの依頼が舞い込む可能性もあります。

このようなシステムを利用しながら、パイロットの仕事を少しずつこなして実績に繋げていくことで仕事の道がさらに開けるようになるでしょう。

ドローンパイロットの需要は今後も増えると予想されています。ドローンスクールで資格を得て、マッチングサイトなどでそれをアピールして仕事を得ることができれば、ドローンパイロットとして食べていくことは決して難しくはありません。

関連記事

  1. ドローンによって地域活性することは可能なのか?

  2. ドローン飛行に必要な資格とは!?国交省による認定と注目の民間資格

  3. 人口集中(DID)地区とは?ドローン飛行の時は最新の地図を要チェック!…

  4. なぜドローンと呼ばれるのか?ドローンの意味を説明

  5. 民生用世界シェアNo.1メーカーDJIの人気ドローン一覧

  6. ドローンは飛行場でしか飛ばせない?航空法と飛行場所の関係

  7. ドローンのモードってなに!?モード1とモード2の違いを詳しく解説!

  8. 大手メーカーの企業がドローンビジネスに参入する理由とは?

ページトップ