ドローンを使った空撮ビジネスを始めよう!初心者の人は何からすればいい?

ドローンで空撮ビジネスを始めたい!と思う人も多いかもしれませんが、具体的に何から始めればいいのかよくわからないですよね。

そこで、今回はドローンの空撮ビジネスを始めるうえで知っておきたいことをご紹介していきます。

ドローンの空撮はいくら稼げる?

ビジネスを始める上でしっかりと考えておかなければいけないのは、その仕事が本当に稼げるのかという点ですよね。

結論から言えば、ドローンの空撮ビジネスで稼げる額はピンからキリまであると言えます。

たとえば、以前NHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」にも出演されていた請川博一さん。彼は、空撮業界で名を轟かせているドローンパイロットです。

農家の写真撮影やCM、テレビ番組、海外の映画ロケなど、幅広い分野で空撮を行っており、年収は億単位とも言われています。

一方で、最近徐々に見かけるようになってきたドローンパイロットの求人では、新卒初任給の水準と同様の月収20万円前後のものも多くなっています。

つまり、ドローンの空撮でいくら稼げるかは、他のビジネスと同様にその人の技術や経験に加えて、空撮をお金につなげる「マネタイズ力」があるかなどによって大きく変わってくるのです。

ドローンの市場自体は拡大傾向にあるため、仕事の量は増えていくと予想されていますが、稼げるドローンパイロットになるには、他人とは差別化された価値ある人材になる必要があります。

ドローン初心者はまずスクールへ通おう

しかし、そうは言っても、ドローン初心者の人は何から始めればいいの?と思いますよね。

ドローンのビジネス利用を考えているのなら、まずはドローンスクールへ通いましょう。

最近では、ドローンスクールは全国の様々な場所に開校されており、以前よりも講習を受けやすい環境が整えられています。

ドローンスクールでは、ドローンを操縦するうえで必要な知識(法律やドローンの飛行原理等)や操縦技術を学びます。

たとえば、「ドローンスクールジャパン」では、ドローン操縦初心者の方を対象にした「フライトコース」からプロの操縦士を目指せる「ビジネスコース」、ビジネスコース合格後に受けられる「映像制作コンテンツ制作のコース」など、幅広い講座が用意されています。

ドローンの操縦は免許や資格は基本的に必要ないので、独学で知識を付けて操縦練習をするという方法もありますが、やはり知識漏れや適正な操縦方法ではないものを身に付けてしまう恐れもあります。

特に、空撮は操縦だけではなく映像にも目を向けないといけないので、かなりの操縦技術が必要です。確実に実力をつけるのなら、スクールに通うのが無難でしょう。

求人に応募orフリーのドローンパイロット

ドローンの空撮ビジネスをしたい人は、ドローンスクールには最低限通う必要がありますが、スクールを卒業しただけでは仕事はもらえません。

知識と操縦技術を一通り身につけたら、ドローンの空撮業務を行っている求人に応募する、もしくはフリーのパイロットとして仕事を探す必要があります。

ドローン関連の企業に就職する場合は求人サイトから応募すればよいのですが、フリーのドローンパイロットはどのように仕事をもらえばいいのでしょうか。

「企業に直接空撮の仕事を打診する、知り合いづてで紹介してもらう」など方法はいろいろありますが、仕事獲得の手段として知っておいてほしいサイトがあります。

ドローンパイロットと作業依頼者をつなぐサイト「ドローンパートナー」です。ドローンパートナーでは、空撮案件の仕事依頼も掲示されています。パイロット登録には審査が必要ですが、このサイトに登録しておけば効率よく空撮の仕事を探すことが可能です。

▽ドローンパートナー

http://drone-partner.jp/

 

ドローンを使った空撮ビジネスは、売れっ子になればたくさんのお金を稼ぐこともできますが、誰でもすぐに稼げるようになるわけではありません。まずは、ドローンスクールに通って、正確な知識と技術を身に付けることをおすすめします。

関連記事

  1. ドローン農業利用がもたらす大きなメリットとは

  2. そうだったのか!ドローンの電池の仕組みと使用のコツ

  3. ドローンの可能性を広げるドローンの360°vr映像とは?

  4. 大手メーカーの企業がドローンビジネスに参入する理由とは?

  5. 市場の急成長でドローンパイロットの求人も増加!?

  6. ドローンによって地域活性することは可能なのか?

  7. ドローンのビジネス用途とは?活用が期待される分野を紹介

  8. 日本の将来を変える!?ドローンのビジネス活用事例を紹介!

ページトップ