ドローン農業利用がもたらす大きなメリットとは

ドローンの農業利用に更に期待が寄せられています。

減少傾向にある農業人口の人手不足解消やドローンを活用した農業事例が次々に発表され、ITとの連携も着々と進み始めています。

ドローンが農業へもたらすメリットに迫りました。

ドローン農業活用が期待される大きな理由

ドローンの農業活用に期待される大きな理由の一つに、人手不足の解消へ期待があります。日本の農業従事者は、高齢化に伴い年々減少傾向にあります。2020年には、65歳以上の農業従事者は全体の6~7割以上になると予測されています。

農業は新規参入しづらい分野でもあり、農業の未来を担う若手がなかなか育たないという問題点があります。新規参入が難しい理由として、農業ノウハウの習得が必要になったり、農業を開始するための初期費用が莫大ということがあげられています。

これらの問題をドローンを利用して解消していこうという動きが始まっています。

農薬を散布するなどの利用だけではなく、ロボット技術やIT通信技術を利用し、低コスト・高生産性が期待出来るスマート農業分野でドローンを活用することによって、人の手が減っても農業生産を維持していけるようになるのではないかと、大きく期待されているのです。

ドローン農業利用で得られるメリット

ドローンを農業利用することで得られる大きなメリットであげられているのはコストの削減です。例えば、今まで農薬散布する場合、人の手で散布もしくは小型ヘリコプターを利用してきました。農薬散布のために小型ヘリコプターを導入した場合、最低でも1000万円程コストがかかります。

それと比較して農薬散布にドローンを導入した場合のコストは、100万円以内で収めることが可能となり、コストが10分の1へ削減可能となります。また、農薬散布用ドローンを導入することで、農薬散布の均一化を図ることが可能となります。

ドローンで農薬散布を行うことで人の手で農薬散布をやめることが出来、人体影響への懸念がなくなるというメリットもあります。

これらのオートメーション化によって今までのノウハウをデータ化していき、ノウハウが浅い農業経験者へも情報提供することが可能となるため、今まで新規参入が難しかった農業への抵抗が少なくなる見込みがあります。

ドローンの自動飛行性能を利用したり、連動する農業機械も自動化することで農業従事者が少人数でも大きな利益を産めるようになるのです。

IT分野と連携で農業利用は大きく飛躍

すでに導入が開始されているドローンを利用したリモートセンシングによって、定期的に生育過程をモニタリングし害虫や生育状況の情報を集め、その集めたデータを基にして翌年以降の生産計画を立てる「精密農業」の取り組みに期待が寄せられています。

それらの情報をクラウド上にあげて情報を蓄積していくことで、農業のノウハウが不要となり農業を初めて行う人の不安を解消し、品質を下げない農産物を生産していくことが出来るようになるのです。

他にも、農作物の害虫・害獣被害の監視にドローンを利用することで、それらの情報を集約し対策を作ることが出来るようになります。これらのことから、作業の効率アップへつなげていくことが可能となるのです。

ドローン本体とタブレット・クラウド管理機能をセットにして農薬散布ドローンのレンタル事業を開始する事業を始める企業も出始めており、IT分野と連携することでドローンの農業利用はますます飛躍していくことが期待されています。

年々減少していく農業従事者。農業は人間が生きていくためには重要な産業です。今後ドローンとスマート農業が発展し、農業用ドローンの高性能化が進んでいくほど高率化と安定した生産性が期待されています。農業の未来を救うため、ドローンと農業のコラボは欠かすことが出来ない事業となりつつあるのです。

関連記事

  1. ドローンとuavの違いは何か?その違いを解説

  2. 今からでも遅くない!ビジネスチャンスがある新しいドローン市場

  3. ペイロードって?ドローン選びで気をつけたい最大積載量

  4. ドローンの可能性を広げるドローンの360°vr映像とは?

  5. ドローンと無線の関係って?必要な知識、資格について解説!

  6. 大手メーカーの企業がドローンビジネスに参入する理由とは?

  7. ドローンの求人を探る!メーカーパイロットの仕事を得るには

  8. ドローンは飛行場でしか飛ばせない?航空法と飛行場所の関係

ページトップ