ドローンパイロット育成に求められる能力とは?

ドローンのパイロットになりたいと思っている方を支援する立場の人間に求められる能力について解説します。その過程でドローンパイロット育成に必要な資格や今後の需要の有無についても紹介していきます。

ドローンパイロットになるには?

まずドローンパイロット育成に必要なものとして、あらかじめドローンパイロットの知識を詳しく知っておく必要があります。ドローンパイロットは分野によって多少異なりますが、主に必要な能力は大きく分けて3つです。

1つ目は、ドローン本体の操縦力。これはドローンを扱うにあたって、思い通りに特定地域の範囲内で飛ばせるかの能力のことを指します。

2つ目に、ドローンを飛ばすにあたっての調整力。人口が密集する地域の飛行には、別途、飛行知識や能力を有することの証明書が必要となります。そのためドローンの撮影場所を考える能力も求められてきます。

最後に3つ目として、ドローンを扱い撮影する上での撮影力。どのようにドローンが空中を飛ぶことによって、どんな写真や動画が撮られるのかをあらかじめイメージして撮影に臨む必要があります。

このようにドローンを扱うパイロットには、それ相応の能力が、ドローンパイロット育成者はそれに加えて知識面の能力も求められます。

ドローンパイロット育成に求められる条件

ドローンパイロットに必要な3つの能力や操縦技術に関する知識の他に、ドローンを扱う飛行ルールなども熟知しておく必要があります。というのも、ドローンは人々が行き交う上空を飛ぶことになるため、一定のルールに従い、飛ばさなければなりません。

そのルールというのは、どのような目的で飛ばすのか、日時、その経路の報告はもちろん、それらを証明する「無人航空機に関する飛行履歴・知識・能力を有することの証明書」の内容の同意とその承認が必要になります。他にも国が定める航空法などの知識も習得することが求められます。

ドローンパイロット育成に免許は必要?

これだけの知識を蓄えるのに、ドローンパイロット達やそれらを育成する立場に免許や資格は必要なのかというと、今のところ厳格な資格は特に必要ありません。ただドローンを飛ばす上での細かな飛行ルールを心得ていないと、大きな問題に発展しかねないので、民間が定める資格やドローンの基礎知識を学べる講座、スクールを受講するのも一つの手になるでしょう。

何より、ドローンパイロットにドローンの飛ばし方を教授する上では、実際に何度も飛ばして操作に慣れていく必要があるため、そのたびに国への証明書申請もおこなうことになります。その際に、民間の資格を保有しているのとないのとでは、やはり資格を持っている方が、手続きもスムーズに進められるので、予算に都合がつくのであれば、スクールを受講しておいたほうが良いでしょう。

ドローンパイロット育成者の今後の需要

ドローンパイロットという職が注目され、今後国の運営に関わる機会も増えてくることから、今後のドローンパイロットを育成する動きには大きなニーズが生まれます。

例えば、人の手が届かない部分の道路の点検や、人の目が届かない部分のセキュリティのカバー、その他映像コンテンツの撮影など、業界の数だけドローンパイロット育成の場があります。このことからも供給の場が尽きることなく存在することで、今後の需要は大きく変動していくことが予想されます。

ドローンパイロット育成の立場になるには、ドローンパイロットと各分野での経験が非常に重要な意味を帯びてきます。もし今後ドローンパイロット育成の場に携わりたいと考えるのであれば、ドローンパイロットの技術だけでなく、どういったドローンパイロットを育てたいのかも考えられると良いのではないでしょうか。

関連記事

  1. ドローンのビジネス用途とは?活用が期待される分野を紹介

  2. 市場の急成長でドローンパイロットの求人も増加!?

  3. ドローンを扱うなら知っておきたい!周波数に関すること

  4. なぜドローンと呼ばれるのか?ドローンの意味を説明

  5. ドローンとuavの違いは何か?その違いを解説

  6. ドローンと無線の関係って?必要な知識、資格について解説!

  7. 話題のドローンスクールで学べるカリキュラムとは?

  8. ドローンの可能性を広げるドローンの360°vr映像とは?

ページトップ