ドローンを扱うなら知っておきたい!周波数に関すること

ドローンを取り扱うならば把握しておくことが望ましい、ドローンに関する電波法の概要や、技適マークの重要性について詳しくご紹介します。また、総務省で進められているドローン専用周波数の割り当てについても解説します。

ドローンと電波法の関係について

電波を使うものにはさまざまな種類があります。ドローンも例外ではありません。たくさんのものに使われている電波の安全な使用のためには、きちんとした決まりを定めておくことが大切です。

その決まりが電波法です。電波法による規制がないと、電波が本来の目的で使われている時にそれを妨害してしまったり、混信を引き起こしてしまう可能性があります。例えば、消防用の無線などが妨害されてしまうと、人命救助が必要な場合に大変なことになります。

このような事例について考えると、電波は決して軽々しく取り扱ってはいけないということが分かります。普段の生活を送る上では、この電波法について意識することはあまりないかもしれません。しかしドローンを扱う場合にはドローンが関係してくる電波法の内容について、知識としてしっかり把握しておく必要があります。

技適マークってなに?その意味と重要性

ドローンに関する電波法の中で、特に知っておきたいことの1つとして「技適マーク」の存在を挙げることができます。「技適マーク」とは、「技術基準適合証明等のマーク」のことです。つまり、技適マークが付いているドローンは、電波法で定められた技術レベルに値しているということになります。

電波法では、電波を利用することに関して決まられていることがあります。それは、日本の技術基準をクリアした無線設備を使用することに加え、原則として総務大臣の免許や登録が必要ということです。そのため、ドローンを飛ばす際には、技適マークが付いているかしっかりと確認することが重要になります。

また、電波法において微弱無線局や小電力無線局については、総務大臣の免許や登録が不要とされています。使用するドローンがこの条件に当てはまることで免許や登録の必要がなくなります。この時に注意したいのが、国によって使用できる周波数に違いがあるということです。

よって、海外製のドローンを購入して日本国内で使用しようとした場合に、日本では使うことのできない周波数である可能性もありますので、きちんと確認しておくことが重要です。また、技適マークが付いているかどうかも併せて確認しておくようにしましょう。

ドローン専用の周波数割り当てについて

2015年ごろから、ドローン専用に周波数の割り当てを行うという動きが進められています。ドローンの認知度の広まりや、使用する人の人数が増えていくにつれ、総務省でも専用の周波数を割り当てることの重要性が取り上げられるようになってきました。電波法違反や混信によるパニックを未然に防ぐことはもちろん、日本製ドローンの躍進を支えるという意味も込められています。

周波数に関しては、現在、Wi-Fiで使用されている周波数に隣接したものをドローン専用周波数として割り当てられることが検討されています。これにより、Wi-Fi用部品がより広く活用できるメリットもあると考えられています。専用周波数の割り当ては、近い将来訪れるであろうドローンの幅広い活躍に対する期待の表れと言えるでしょう。

ドローンを使用する上で、電波法は航空法と同じくらい重要な法律です。知らないうちに違法行為になることをしてしまわないように、しっかりと把握しておくことをおすすめします。また、ドローンの躍進と共に、国内での法整備も今後さらに進んでくることが予想できます。常に最新の情報に注目しておくといいですね。

関連記事

  1. ドローンに秘められた可能性とは?注目のビジネス利用例をご紹介

  2. 経済産業省が新産業構造ビジョンを発表!ドローンが重点推進分野に

  3. ドローンの可能性を広げるドローンの360°vr映像とは?

  4. ドローン落下のなぜ?正しく運用するために知っておきたいこと

  5. ドローンのバッテリーの正しい保管方法と処分方法

  6. 民生用世界シェアNo.1メーカーDJIの人気ドローン一覧

  7. 市場の急成長でドローンパイロットの求人も増加!?

  8. ドローン空撮におけるGPSの役割と自律飛行の可能性

ページトップ