ドローンとuavの違いは何か?その違いを解説

無人飛行機をドローンと呼んだり、uavと呼んだりします。いったい違いは何なのでしょうか?この記事ではドローンとuavの違いを説明します。さらに、それぞれどんな使われ方をしているかも紹介します。

ドローンとはどのようなものか?

ドローンは元々軍事用のuavです。uavとは、Unmanned Aerial Vehiclesの略で日本語に訳すと無人航空機となります。ドローンは、戦争時の偵察や空爆のために開発が続けられ、それが民間用に転用されていきました。

ドローンの歴史は古く、第1次世界大戦中に発想が始まり、第2次世界大戦中には研究が本格的になされたとされています。

ドローンという名前はどこから来たのでしょうか?

英語のdroneは、「雄のハチ」あるいは「(ハチの)ブンブンという羽音」で、そこから来たのではないという説もあります。あるいは第1次世界大戦後に作られた「女王蜂」を意味する米軍の演習用無人航空機「DH.82B Qween Bee から来ているという説もあります。

いずれにせよ現在では、プロペラによって飛行する無人航空機の総称をドローンと呼んでいます。

ドローンとuavの違いはどこにあるのか?

ドローンもuavに含まれるのですが、現在は使い分けがされていることがあります。ドローンがプロペラで飛行する無人航空機に使われる名前であるのに対し、プロペラの無いものをuavと呼ぶメーカーもあります。もちろん本来の意味に基づいて、ドローンもuavと呼んでいるメーカーもあります。

まとめると無人航空機の総称がuavで、uavの中にドローンも含まれているが、プロペラの無いものをuav、プロペラのあるものをドローンと呼ぶ傾向にあるということです。このあたりの定義は定かになってはいないので、このように理解すると良いでしょう。

ドローンとuavのそれぞれの用途は?

ドローンをプロペラのある無人航空機、uavをプロペラのない無人航空機として用途を紹介すると、ドローンは主に空撮と測量、運搬に使われています。

空撮の分野では、農作物の病気や鳥獣による被害の早期発見に使われている他、映画やドラマ、ライブ、イベントの空撮に使われてきました。

さらに、災害時の捜索活動や被害状況の確認にも使われていますし、橋梁やトンネル、ダムなどの社会インフラの点検にも利用されてきました。警備会社も夜間の警備にドローンの導入を始めています。

また、ダムや道路工事の測量にドローンが使われ、画期的にスピードアップとコスト削減に成功し、国をあげて導入がすすめられています。その他、運搬に使う動きが数年前からアメリカで始まり、技術的には可能です。今後、航空管制のシステムと法整備が進めば、本格的に運用される見込みです。日本でも導入に向けて動き出しています。

一方uavは、依然として軍事目的の開発が続いています。アフガニスタンやイラクで軍事用uavプレデターがアメリカ軍によって使われて以降、各国が軍事用のuavの開発に余念がありません。

しかし、プロペラのないuavを測量に使う企業も増えてきています。プロペラのないuavにはドローンに比べ、スピードが出やすい作りになっていることから、広範囲をスピーディーに測量できるメリットがあります。今後導入する企業や自治体は増えていくかもしれません。

関連記事

  1. ドローンは飛行場でしか飛ばせない?航空法と飛行場所の関係

  2. 日本の将来を変える!?ドローンのビジネス活用事例を紹介!

  3. ドローンのバッテリーの正しい保管方法と処分方法

  4. 経済産業省が新産業構造ビジョンを発表!ドローンが重点推進分野に

  5. 人口集中(DID)地区とは?ドローン飛行の時は最新の地図を要チェック!…

  6. ドローンによって地域活性することは可能なのか?

  7. 今からでも遅くない!ビジネスチャンスがある新しいドローン市場

  8. ドローンを使った空撮ビジネスを始めよう!初心者の人は何からすればいい?…

ページトップ