ドローンの求人を探る!メーカーパイロットの仕事を得るには

ドローンの求人情報から、どんな会社が何を求めて募集をかけているのかがわかります。ドローンに関する仕事にはどんな種類があるのでしょうか?求人情報などから調べました。

ドローンパイロットの職種はこれだけある

「ドローンパイロット」と聞いて、みなさんはどんな仕事を思い浮かべるでしょうか。

代表的な例は「空撮」を仕事とする空撮パイロットだと思います。

ドローンパイロットの仕事は単純に分けても「空撮」「農薬散布」「セキュリティ」「測量」の4つはあります。

・空撮…ドラマ、CM、MV等で空からの映像を撮影する仕事

・農薬散布…農業事業において需要の高いドローンの仕事

・セキュリティ…警備や災害時にドローンを使用するセキュリティ関係の仕事

・測量…主に建築業界で土地の測量をしたり地質調査をする仕事

ドローンの求人を検索すると、測量パイロットを募集している企業が多く見られます。

またこの他にも実用性という面ではまだまだ低いですが、運送業にドローンを使用する試みも盛んです。今後もいろいろな事業でドローンパイロットの募集がかかるかもしれません。

パイロット以外のドローンを扱う仕事は?

ドローンパイロットだけがドローンを扱う仕事ではありません。ここの項目では「パイロット以外の」ドローン関係の仕事を求人情報を元に紹介します。

・研究開発や製造業…ドローンそのものの開発や製造に携わる仕事です。ソフトウェアや製造設計、エンジニアのスキルが必要となります。既存のドローンメーカーや、新たにドローン開発をしたいメーカーが募集しています。

・プロジェクト管理等…ドローン事業企画のマネジメントを行う仕事。開発、経営、研究などの分野を取りまとめ、ドローン産業を盛りたてる役割があります。ドローンはまだまだ新しい分野のため、ドローンを産業化できる人材が求められています。

・スクール運営や講師…近年ドローンの学校が各地に設立されています。これらの学校や養成施設を運営できる人や、インストラクターの募集もあります。

たとえパイロットとして仕事が得られなくても、ドローンに対する知識を有していることからこのような仕事に就くことも可能です。むしろ開発や経営、講師のほうが向いていた!!ということもあるかもしれません。

知っておきたいドローンメーカーの数

ドローンの仕事を得るために、色々なドローンメーカーを知っておいて損はありません。

あらゆる機体に対して詳しい方が、現場で「このメーカーを使ってほしい」「あのメーカーのようなドローンがいい」と言われた時に対応しやすいからです。

・DJI…ファントムでおなじみのメーカー。ドローン業界で圧倒的なシェアを誇るメーカーです。

・3D Robotics…アメリカのメーカー。空撮ではかなり人気のドローンがあります。

・PARROT…フランスのメーカー。無線技術に対応したドローンを開発したことで知られます。iPhoneで簡単に操作ができ、動画撮影可能なドローンが魅力。

・Hubsan…おもちゃを作っている中国のメーカー。低価格なラインナップが人気。ホビー向けとしてかなり有名。

・ALIGN…ラジコンヘリを製造しているメーカー。ドローンでのシェアはそこまでではありませんが、ラジコンヘリでは世界一を誇ると言われており、空撮やレース用のドローン開発が有名。

ほかにもドローンを作っているメーカーはたくさんありますが、代表的なものを見ても「元はドローン開発の企業ではなかった」という会社も見受けられます。

エンジニアや製造、企画運営の面でドローンの仕事に関わりたい人はこのようなメーカーを知っておくのも一つの手となります。

ドローンの求人で仕事を得るには?

さて、色々な職種を紹介しましたが、どんな人材であれば採用されやすいのでしょうか。

まずどの仕事でも言えることですが「経験者」は歓迎されます。特にドローン事業はどこも新しく始めるため、ドローンをきちんとした知識で扱える人材がいないこともあります。

なのでいきなり希望の会社や職種につくよりも、まずはとりあえず現場に入って仕事の実績を積むと採用されやすくなります。

そして「そもそも新人だけどどうやって仕事を得たらいいのか」という問題の解決方法ですが、「ドローンの資格を取る」ということが例として挙げられます。

これはドローンの操縦方法、仕組み、航空法といった正しい知識を持っている人がまだまだ少ないからです。

このようなドローンへの総合的な知識とスキル、仕事への活かし方を学べるスクールに通い、認定証を得ることでドローン関係の仕事に就ける可能性が高まります。

ドローンは成長中の新しい分野だからこそ、とにかくどの会社でも人材不足という側面が生まれやすいです。そこで正しいドローンの知識を持っていること、仕事ができることをアピールすれば仕事を得られる可能性が高くなるでしょう。

関連記事

  1. ドローンのモードってなに!?モード1とモード2の違いを詳しく解説!

  2. ドローン農業利用がもたらす大きなメリットとは

  3. 市場の急成長でドローンパイロットの求人も増加!?

  4. あなたは大丈夫?ドローンが制御不能になる原因と対策をチェックしよう!

  5. 人口集中(DID)地区とは?ドローン飛行の時は最新の地図を要チェック!…

  6. ドローンは飛行場でしか飛ばせない?航空法と飛行場所の関係

  7. ペイロードって?ドローン選びで気をつけたい最大積載量

  8. 話題のドローンスクールで学べるカリキュラムとは?

ページトップ