ドローンは飛行場でしか飛ばせない?航空法と飛行場所の関係

ドローンと切っても切れない関係の航空法って?飛ばしたらダメな場所、飛ばしていい条件、自由に飛ばせる場所をご存知でしょうか。ドローンはルールとマナーを守って飛ばしましょう。

知ってる?ドローンの飛行には制限がある

ドローンは航空法により、飛行が禁止されている区域があります。

・空港などの周辺の上空

・人口密集地域の上空

・150メートル以上の高さの空域

以上の領域は国土交通省によって許可なく飛行することが禁止されています。また、上記の空域の他にも以下のような場合は飛行が制限されます。

・夜間飛行の禁止

・人や物から30メートル離れていること

・お祭りなどのイベント時の上空飛行(イベント主催者の許可が必要)

・自分の目で直接確認できない距離での飛行(許可が必要)

・危険物の運送の禁止

・ドローンからものを落下させる行為(許可が必要)

つまり危険な飛行とプライバシーを侵害するような行為は制限がかかります。

禁止されていることのほとんどは許可を取れば可能になりますが、決まりを守らない場合は逮捕されることもあるので注意が必要です。

ドローンを自由に飛ばせる条件とは

では、ドローンを自由に飛ばすには実際のところどうしたらよいのでしょうか。規制なくドローンを飛ばせる条件を調べました。

・機体の重量が200グラム以下のトイドローン(ホビードローン)は航空法の規制対象外なので、200グラム以下のドローンならどこでも飛ばせることになります。

・空港周辺の上空でなく、人口が集中している地域でなく、150メートル以下の場所

・屋内は人口密集地域であっても航空法の規制対象外なので自由

・ドローンの飛行が許可されている練習場など

ただし、航空法の規制が入らなくても「夜間飛行」「人や物から30メートルの距離を取る」などの決まりはあります。ドローンを飛ばす際には事前の許可が必要かそうでないかを調べてから飛ばしましょう。

思いきり飛ばすにはドローン練習場を探そう

先述の条件に当てはまっていても、そこが「私有地」であったり「プライバシーを侵害する場所」であったりすると自由に飛ばすことはできません。

航空法はクリアしても、私有地に勝手に入れば不法侵入にあたります。撮影中に人の顔が写ったりするとプライバシーの侵害から揉めることもあります。

屋内では物を壊したり、怪我に繋がる恐れも考えられます。なにより、よほど広い屋内でなければ思いきり飛ばすことができませんが、広い施設を借りるとなるとドローンを飛ばしてもいいか施設側に聞かないといけません。

航空法以外にも何がOKで何がNGかを考えなくてはいけないとなると、実際にドローンを飛ばせる場所というのはかなり限られてくるのが現状です。

そこで活用したいのが、ドローンの練習場です。これらの練習場は飛行許可を取っているか、航空法規制に当てはまらないため、利用者自身が飛行許可を取ることなく自由にドローンを飛行させることが可能です。

ドローンを飛ばす練習をしたい、とにかく飛ばしてみたいという人はこのような練習場がおすすめです。

資格を取れば自由に飛ばせるってホント?

ドローンには民間資格がありますが、この資格を取れば自由にドローンを飛ばせるのでしょうか。

結論から言うと、資格を持っていても航空法で規制されている場所を許可なく飛ばすことはできません。かならず飛行許可申請の手続きを取る必要があります。

ただし、国土交通省が認定した団体でドローンの民間資格を取ると、飛行許可を取る手続きを通常より簡略化することが可能になります。

自分自身でドローンの飛行許可を取らなければならない状況に陥った時は、資格を持っていないより持っている方が有利ということになります。

ドローンは条件を満たせば自由に飛ばすことが可能です。しかし、その条件はとても細かく、多くの場合規制がかかります。これらの決まりはドローンによる事故や事件を防ぐためにあるので、ドローンを飛行させる前にしっかりチェックしておきましょう。

関連記事

  1. ドローンを使った空撮ビジネスを始めよう!初心者の人は何からすればいい?…

  2. ペイロードって?ドローン選びで気をつけたい最大積載量

  3. 日本の将来を変える!?ドローンのビジネス活用事例を紹介!

  4. ドローンのバッテリーの正しい保管方法と処分方法

  5. 今からでも遅くない!ビジネスチャンスがある新しいドローン市場

  6. ドローンと無線の関係って?必要な知識、資格について解説!

  7. 経済産業省が新産業構造ビジョンを発表!ドローンが重点推進分野に

  8. ドローンによって地域活性することは可能なのか?

ページトップ