ドローンのビジネス用途とは?活用が期待される分野を紹介

ドローンは現在、少しずつ世間に浸透してきています。ビジネスでの利用について考えている企業も多くあり、活躍の場は広がっていくでしょう。そんなドローンがどのようなビジネス用途で使われるか説明します。

ドローンのビジネス用途とはなに?

日本は海外と比べ、ドローンビジネスにおいて遅れをとっていました。それでも最近は徐々にビジネスへドローンを利用しようと考えている企業が増え、日本でもドローンをさまざまなシーンで利用しようとしています。

その主なビジネスで活躍が期待される用途は以下です。

・配送業

・マーケティング

・マスメディア

・在庫管理

これらのビジネスでドローンが活用されるようになれば、人件費削減などさまざまな面での効率化が期待されるでしょう。次は各ビジネスでのドローン活用に関することを深く掘り下げていきます。

配送業でのドローンの活用とは?

ドローンの活用が最も期待されているのは「配送業」です。現在、注文した荷物の配送は人の手で行われています。しかし、昨今ではネットショッピングが主流になりつつあるため、配送業者の負担は増加傾向です。

人の手だけではカバーしきれない部分も多く、さらに人手不足という問題も起こっています。もし配送業にドローンが活用できれば、人手をかけることなく注文した荷物を配送することが可能になります。

そうなれば、人手不足の問題を解決できるだけではなく、人件費削減などにも効果があるでしょう。加えて、交通が不便な地域への物資の配送にも期待が持てます。

マーケティングにドローンの活用について

ドローンは「マーケティング」での利用にも期待されています。これまでネット以外のマーケティングではインタビューや街頭アンケート、覆面調査、交通量調査など人の手がなくてはできないものばかりです。

当然、人件費や手間が大きくかかってしまいます。そこでドローンの活用が期待されています。ドローンとAIを組み合わせることで、空撮から得た情報から交通量調査のように訪問者などの年代や性別などを自動的に分類させ、マーケティングに必要な情報を得ることができます。

そうすることで、ネット以外でのマーケティングにかかる人件費や手間を大幅に減らすことが可能になります。

マスメディアでのドローンの活用とは

次にドローン活躍が期待されているビジネス用途は「マスメディア」です。ドローンの最大の利点は空撮がしやすくなったという点。これまで上空からの映像はヘリを用意するなど非常に大掛かりなものとなっていました。ラジコンヘリなどにカメラを固定させて撮影するなど方法を考えればあるのですが、操作が難しく映像も安定しません。

世界では徐々にメディアでも使われています。香港で起きた民主化運動では、デモの規模を伝えるためにドローンを使った映像が使用されました。このほかにも危険地帯への派遣をし、リスクを最小限で映像などを取得することができるようになります。

在庫管理でのドローンの活用について

次に活躍が期待されている分野は「在庫管理」です。在庫管理は機械化が進み、バーコードやICチップによって効率化は進んでいます。しかし、それでもチェックするには人の手が必要になります。

機械を導入しようにも莫大な資金や導入スペースが必要になります。そこでICタグを読み取るドローンを導入すれば、在庫点数や保存場所を自動的に把握してくれ、購入金額や人件費、導入スペースなど圧倒的に抑えてくれる可能性があるのです。

以上がドローンのビジネス用途です。ドローンはさまざまなビジネスシーンで大きく活躍してくれます。さらに、人件費削減などにも期待ができるのでドローンの導入が活性化すれば、企業にとってメリットが非常に大きいです。今後のドローンの活躍に注目しましょう。

関連記事

  1. 具体的にどう役立つの?農業用ドローンのメリットについて説明!

  2. あなたは大丈夫?ドローンが制御不能になる原因と対策をチェックしよう!

  3. ドローンを扱うなら知っておきたい!周波数に関すること

  4. ドローンとuavの違いは何か?その違いを解説

  5. ドローンのバッテリーの正しい保管方法と処分方法

  6. 必見!ドローンを使う前に電波法を理解しよう

  7. 日本の将来を変える!?ドローンのビジネス活用事例を紹介!

  8. 熊本地震でドローンが活躍!災害時のドローン活用方法とは?

ページトップ