ドローンによって地域活性することは可能なのか?

ドローンは凡庸性が非常に高く、色んな分野での活躍が期待されています。そして、ドローンの利用が広がっていけば地域活性も可能です。今回はドローンによる地域活性の現状について説明していきます。

ドローンによる地方活性はある?

現在、世間にも浸透し始めているドローン。このドローンが地域活性化に役立つといわれています。

地方の弱点といえば、インフラが不足していることです。公共交通や医療機関も少ないため、住みづらい箇所も存在します。

ドローンを利用すれば、遠隔医療や物資の運搬も行えるため、わざわざ都市まで赴く必要も無くなり、田舎の弱点をカバーすることができます。なので、ドローンは地域活性に大きく活躍するといえるでしょう。

ドローンは地域を活性させ、私たちの暮らしを大きく変える程の可能性を持っています。しかし、完璧ではないです。次の項目では、ドローンによる地域活性の課題を説明していきます。

ドローンによる地方活性の課題とは

地域活性に大きな可能性を秘めているドローンですが、地域活性のために使うにはいくつか課題があります。

・操縦資格、技術力のあるオペレーターが少ない

・他の分野での利用が世間に浸透していない

ドローンは少し前から注目され始めた、まだ新しい技術です。実用性が注目され、世界中で研究・開発が行われていますが、まだ運送等で実用段階までたどり着いていないケースが多いです。本格的に使われるにはもう少し時間が必要と考えられています。

そして、世間にドローンの有用性が伝わっていないので、さまざまな分野でのドローン利用もほとんど行われておらず、プロとして操縦できる人も少ないので人手不足となっています。なので、たとえ技術が確立されたとしても、世間へ浸透させていくには時間がかかると見ていいでしょう。ドローンで地域活性を促すには、これらの課題をクリアしなければいけません。

現在、地方活性でどんなことを行っているか

いくつか課題はあるもののドローンは非常に便利な技術のため、少しずつ地域活性のために使われています。その中でも現在行われていることが、

NPO法人ドローンサポート東北が誕生

・離島における遠隔診療サポート

2つとなっています。この他にも農業や3次元測量などでの利用も注目されており、実験的ではありますがドローンが使われています。次の項目では、上記2つがどういった内容なのかを説明していきます。

NPO法人ドローンサポート東北が誕生

東北にNPO法人ドローンサポートができたことで、東北エリアのドローンの普及や啓発、教育事業、災害時の捜索支援を行うことができます。これはドローン利用というよりも、地域でのドローン利用を活性化させるためという意味合いが強いようです。

この他にもボランティア団体と連携して、地域の活性やドローンパイロットの人材育成を行えます。先ほども説明した通り、まず人にドローンが浸透していかなければ、技術が確立されても広まっていきません。NPO法人ドローンサポートは東北エリアのドローン普及に大きく活躍してくれるでしょう。

離島における遠隔診療サポートとは

離島は人口が少ないため、医療のサポートが行き届いていないことがよくあります。新しく診療所を作るにも人件費などが多くかかるので、簡単な話ではありません。さらに、診療所があったとしても、交通の便がよくないことが多いため医薬品の調達がスムーズにできず、量や種類が少ないこともよくあります。

そういった地域に対して、ドローンよる遠隔医療を行えば、わざわざ診療所を作らずに医療面をサポートすることができます。現に輸送実験も行われているので、実際に使われるのも時間の問題となっています。 今後ドローンによる遠隔診療サポートがどのように発展していくかは注目です。

ドローンは高い凡庸性を秘めています。最大限に利用できれば、地域活性に大きく役立ってくれます。ただ、まだ技術などの課題もあるので、本格的に利用されるのは、もう少し先の話となっています。これからドローンが地域でどのように活躍していくか非常に楽しみですね。

関連記事

  1. ドローンを扱うなら知っておきたい!周波数に関すること

  2. 日本の将来を変える!?ドローンのビジネス活用事例を紹介!

  3. あなたは大丈夫?ドローンが制御不能になる原因と対策をチェックしよう!

  4. 日本の将来を変える!?ドローンのビジネス活用事例を紹介!

  5. ドローン農業利用がもたらす大きなメリットとは

  6. ドローンのモードってなに!?モード1とモード2の違いを詳しく解説!

  7. ドローンは飛行場でしか飛ばせない?航空法と飛行場所の関係

  8. ドローンの求人を探る!メーカーパイロットの仕事を得るには

ページトップ